遊び人風に背伸びするマジメ男と遊び人なのに純潔ぶる女

よく男性同士の酒の肴になるのが「今までにHした女性の数」である。
俗に「千人斬り」を豪語する男性も少なくありません。
ただ、その多くが虚言ですけどね。
でも、この心理はよくわかります。
男性は今までにHしてきた女子絵の数を多めにサバを読むものです。
しかし、逆にじょせおは以下までHしてきた経験人数を少なめにサバを読みます。

これは男と女の恋愛に対するステイタスの違いかもしれません。
男は「sどれだけたくさんの女性を愛費sて来たか?」
がステイタスです。
しかし女性は
「一人の男性にどれだけ長く愛されたか?」
がステータスです。
だから男性は経験人数を多くさばを読み増す費s、女性は経験人数を少なめにサバを読みます。
まあ男性のサバはすぐに見破られてしまいますが、女性のサバ読みはなかなかわかりません。

この嘘の理由は何でしょうか?
男からすれば
「今までたくさんの女性と愛してきたけれど、これが最後位の恋がしたいんだ」
という願望かもしれm線。
女性かr田すれば
「いつまでも初恋のような恋がしていたい」
という願望かもしれm線。

ここで大きな問題は
多めにサバを読む男性よりも少なめにサバを読む女性のほうです。
初恋のような恋愛をしたいということは少なくとも今回の恋が最後の恋という認識がないかもしれないからです。

恋をすると男は強くなり女は弱くなります、
しかし
愛することで男は弱くなり、女は強くなります。

恋愛中ならば女性は弱く、それを守るために男性は強くなります。
しかし、いずれ長い恋になると倦怠期がやってきます。
結婚する覚悟はないけれど別れるつもりもない
そんな腐れ縁的な恋愛になると今度は女性が強くなります。
クリスマスや誕生日のプレゼントを自分が欲しいものをはっきりと彼氏に告げます。(それも命令口調で)
男は女性に頼るようになり、女性がどんどん男性をリードしていきます。
デートプランも女性が決めます。
何を食べるかも女性が決めます。
結婚でも女性からの逆プロポーズも今は珍しくありません。

そんな時にもう一度最初の付き合い始めた頃を振り返ってみましょう。
経験人数を多めにサバを読んでいた男性
経験人数を少なめにサバを読んでいた女性
すぐに化けの皮が剥がれるものです。

結局、恋愛なんて狐とタヌキの化かしあいかもしれませんね。
すぐにばれる嘘を一生懸命に突き通そうとする二人。
でも、そんな時期が一番楽しいのも事実です。
大いにサバを読もうじゃありませんか!!

署名ドットコム 評判 感想

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です