月別アーカイブ: 2015年4月

オススメは楽天銀行スーパーローン

収入がない専業主婦の方は、審査が不利になることはありません。しかし、借入できるキャッシング業者が制限されます。

原則として、アコムやプロミスのような消費者金融を利用することはできないので、銀行カードローンを利用することになります。

専業主婦の方は基本的に50万円までしか借りれません。

本人に収入がないので、収入証明書を提出する必要はありませんが、銀行によっては夫の収入証明書の提出を求めるところもあります。

専業主婦の方は、銀行カードローンを利用してください。また、夫の収入証明書などを提出したくない場合は、楽天銀行スーパーローンがおすすめです。

楽天銀行スーパーローンは、収入のない専業主婦でもお金を貸してくれます。また、本人はもちろんのこと、夫の収入証明書も提出不要なので、安心です。

しかし、収入証明書は提出しなくても良い場合があります。また、前述のとおり専業主婦だと、夫の収入証明書を求められることもあります。

収入証明書を出す必要があるかどうかは、いくら借りたいかによって決まります。多くの場合、利用限度額を50万円以内にして申しこめば、本人確認書類だけでOKのケースが多いです。

また、銀行カードローンも収入証明書を必要としないことが多いです。例えば、楽天銀行スーパーローンは300万円まで、オリックス銀行カードローンは100万円までなら、収入証明書の提出が不要です。

サラリーマンや主婦など、時間に余裕が無い方などの心強い味方!

数多くある金融機関中でも、土日や祝日にも関わらず即日融資が可能な銀行や消費者金融が存在しています。

特に、大手の金融機関であれば即日審査を行って頂けます。

例えば、大手のプロミスであれば土日や祝日でも銀行振り込みが可能てわあり瞬フリというサービスがあるので非常に便利です。

瞬フリとは、振り込みキャッシングという意味であり24時間365日利用者の口座へ振り込みキャッシングをして頂けるサービスです。

また、三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座をお持ちの方であれば24時間最短でなんとたったの10秒程で口座へ瞬時に振り込みをする瞬フリを利用できます。

瞬フリの主な特徴やメリットは幾つかあります。

その1つ目が、手数料はプロミスが負担するので利用者は手数料が0円で済むという訳です。

2つ目が、店頭窓口だけに限らずインターネットの環境さえあればパソコンや携帯電話を使用し簡単な操作のみで申し込みが可能です。

また、カードローンであれば土日や祝日でも直ぐに借りる事ができます。

その際の注意点は2つあります。

その1つ目が借り入れ方法の手順です。

2つ目が、キャッシング会社の選び方です。

この注意点さえ抑えておけば特に気にする事はありません。

おまとめ、一本化とは?

おまとめや一本化とは、複数の消費者金融などから借りていて多重債務に陥っている方がそれらをまとめて一つにすることで、金利が低く返済しやすくなり、返済に各消費者金融を回っていた手間が無くなったりと大変便利になる方法です。

急な出費や生活資金の足しになど何かと便利なキャッシングですが、便利すぎて借りすぎてしまう方もたくさんいらっしゃるでしょう。そうなったら、生活が苦しくなりますます悪循環に陥ってしまいます。そんな方に「おまとめや一本化」はおすすめです。

仕組みとしては、金利が低い金融機関一社を選びそこから融資を受けて、もともと借りていた複数の消費者金融へ全額返済します。そうすることで、返済は一社のみになります。

金融機関から融資を受けたことにより、金利も低くなります。そして、複数の消費者金融の利息分を払うより、一つにした利息を払った方が返済の見通しもつきますよね。利息の負担が減ることは助かります。

さらに、まとめて一本化したので月々の返済が一つになります。複数の消費者金融へ返済すると、返済日や返済金額が各社違ったと思います。

バラバラで面倒くさかった返済もまとめて一本化するととても管理がしやすくなります。

カードローンや、キャッシングの限度額について

カードローンやキャッシングは、最初の審査をするときに、限度額を設けています。限度額は、総量規制により、年収の三分の一までという決まりがあります。

もし、限度額を増額したいなと思った場合、どうすればいいのでしょうか。今持っている、カードローンの場合、限度額を増額することが可能なときがあります。もちろん条件はありますが、可能な商品かどうかまず、調べてみることです。増額するときにも、必ず審査があります。自分自身の今までの返済状況も、振り返っておきましょう。一回でも返済に遅れがあった場合は、増額は難しくなります。きちんと返済をしていることは、必須条件です。借りて返すは当然のこと、返さない人には、なかなか貸してくれません。銀行系カードローンの場合、消費者金融の借り入れ実績をあまりよく思わない傾向にあります。できるだけ消費者金融からの借り入れは、控えておいたほうが良いでしょう。

カードローンには、増額した場合、金利が下がる商品もあります。大手の場合は、限度額の増額審査を何度でも受けられるところもあるので、チャレンジすることも大切だと思います。ただし、審査は、限度額が低いほうが、審査に通りやすくなっていますので、気をつけてください。

みずほ銀行カードローン特有のメリットを上手に活用することが鍵となります!

みずほ銀行カードローンには、パソコンやモバイルや郵送(メールでのオーダー)や電話や窓口での利用が可能であり申し込み方法が充実しています。

ご利用可能な方の条件は幾つかあります。

その1つ目が、契約時の年齢が満20歳以上の方から満60歳未満の方のです。

2つ目が、安定していて且つ継続した収入を見込める方です。

3つ目が、保証会社の保証を受けられる方です。

4つ目が、利用者であるご本人に収入が無い場合配偶者に安定且つ継続した収入がある方はご利用限度額が30万円を上限にお申し込みが可能です。

5つ目が、外国人の方は永住許可を受けられている方に限り対象となります。

6つ目が、審査の結果によってはご利用出来なくなってしまう場合があります。

7つ目が、ご利用の際にはみずほ銀行の普通預金口座の開設が必要となるのでみずほ銀行に普通預金口座をお持ちでない方は審査終了後に普通預金口座の開設をする必要があります。

みずほ銀行カードローンを利用する上でのメリットは幾つかあります。

その1つ目が、限度額は世界最高水準である事です。

限度額が1000万円に達するのは現時点ではみずほ銀行やジャパンネット銀行のみとなっています。

また、総量規制の対象外となっているので年収による制限もありません。

2つ目が、金利に関してです。

金利は4.0から14.0パーセントであり、大手銀行のカードローンは最高金利が15パーセントというのが主流なのでそれらと比較すると少し低めの水準となります。

また一般的な消費者金融の最高金利が18パーセントなのでそれと比較すると非常に低金利と言えます。

3つ目が、ご本人に安定且つ継続した収入がない専業主婦の方でも申し込みが可能である事です。

2010年に施行された改正貸金業法によって専業主婦の借り入れ先は激減してしまいましたが、そんな中専業主婦の申し込みを受け付けているみずほ銀行カードローンなどは非常に貴重な存在となっています。

みずほ銀行カードローンを専業主婦の方がご利用の場合は、限度額が30万円となっています。

4つ目が、自動融資サービスです。

自動融資サービスとは、口座引き落としの際に残高が不足している時にその分を自動で貸し出しするとサービスの事です。

前提条件としては、みずほ銀行の普通預金口座が必要となります。

これにより、支払いが滞ってしまうというトラブルを防ぐ事に繋がります。