1人あたり841万円の借金…?

国の借金が1人あたり841万円になったそうです。国の借金の総額は去年12月末時点で1066兆4234億円……。国民の給料は上がらず借金が増えていくばかりです。
そもそも消費税増税等もしているのになぜ借金ばかりが増えていくのでしょうか。
『社会保障費』、高齢者に対しての政策をとっているばかりでは高齢化に拍車をかけているだけなのでは?
社会保障費に焦点を当てて考えてみます。
高齢化高齢化、と騒いでいる割には少子化に対しての政策が不十分なのではないか。
若者が選挙へ行かないのを理由に選挙での立候補者も高齢者へ対しての公約ばかり。
そして高齢者優遇を公約にした者が当選する。そして高齢化に拍車がかかる。当たり前の悪循環。
確かに若者が選挙に参加しないのも実態であるが、高齢者ばかりを優遇してて良いのだろうか?このままでは高齢者に対しての社会保障費が増えていくばかりで逆に『子供を生んだら子供が辛くなるのではないか』と出産することさえ躊躇してしまう世の中になってしまっていると思います。生まれてくる子供をもっと奨励するべきである。
自分、将来のために多く税金を払うのには納得いくと思うが、いつまで続くかわからないものに多額のお金を払う日本……
若者が労働災害(過労死など)に合ってる現状の中で国はそれでもまだ高齢者に対して過度な優遇を続けるのだろうか。プロミス審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です