金欠時の乗り切り方と節約方法の伝授

私は金欠になった時、日々の節約もそうですが、持っていけるものは家から持っていくというのをここがけています。例えば飲料水などは日にもよりますが一日日本の飲み物を買うと、一ヶ月で大体9000円にも登ります。一本150円の計算です。またお昼のランチに500円を使うとすると、15000円で、他にも小腹が空いた時に食べたりするお菓子も含めると、30000円にものぼってしまいます。本当に単純な計算になってしまっていますが、だいたい平均するとそのくらい使っていると思います。先ほども話しましたが、自分が普段から心がけているのは、そのようなものを家から持参していくということです。飲用水はコーヒーやお茶を家からマイボトルで持って行き、お昼もお弁当を作って、持っていきます。小腹が空いた時のおやつは、業務用に買ったお菓子を持って行ってやりくりしています。そのような関係で毎月の出費は15000円程度抑えられています。他には電気をこまめに消していくや、節水をここがけています。そして、欲しいものがあった時は、それが本当に欲しいのかということをしっかりと自己審議してから買うようにしています。それがあることによって何ができるか、それの代わりになるようなものを家で作ったりできないか、などを審議して月々やりくりしています。銀行カードローン 審査基準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です