シャープの経営問題に関して

シャープといえばとても一流メーカーで誰もが羨ましがる超優良企業であり、入社できた人は一生涯の安泰と裕福な生活が約束されたといっても過言ではない会社でした。それが今現在ついに本社を売却しないとならない程になってしまいました。一消費者の私としては他の有名メーカーと何が違ったというのが中々分かりにくいという所があります。今でも空気清浄機等はシャープの商品が一番売れているのではないでしょうか?その他の商品に関しても洗濯機にしろ冷蔵庫にしろシャープというロゴが入っていたら問題ないと考えて購入する消費者も多いと思います。なので一諸費者からはそんなに経営がまずい状態だったのかというのはニュースを見ないと分からない事案でした。そしてそれは入社する社員の人も同様の気持ちなのではないでしょうか。会社説明会というのは企業のアピールの場であり、入社意欲を削いでしまう様な内容はやはり伏せているというのが現実にあると思います。もし数年前の新卒の方々に本当の事を話したら入社したであろうか。それは誰も分かりませんが、希望退職を今回も多数募集しておりそれに応募しようかどうしようか悩んでいる人の意見だと、こんなはずじゃなかった。入社当初は勝ち組に入った、これで将来は安泰だと思ったと言っておりました。と言っておりました。競争に敗れてしまうというのは誰でも起こり得る事なので仕方が無いとは思いますので仕方が無いと思います。具体的にどういう所が原因だったのかというのをもっと細か公表してほしいと思います。年収200万円でもみずほ銀行カードローンの審査に通る方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です